日記・コラム・つぶやき

2019年2月13日 (水)

何なんだよ!!怒

もう書かずに心密かに応援、回復を祈ろうと思っていたのに、何なんだよ!!怒怒怒
桜田五輪相、池江選手の発表に対して

「ガッカリ」とか「下火にならないか心配」

だと!
それでも人間か?
大臣とか政治家とか言う前に「人」としてあるまじき発言。
この記事を見る前に、池江選手のおばあさんのコメントを読んだだけになおさら怒りのボルテージが上がる!
おばあさんは、

「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして」

というコメントを孫に寄せている。
普通はそうでしょ?
確かにオリンピックに出られなくなることは本人にとっては死ぬほど苦しく、悔しいことだと思うよ。
でもね、それもこれも生きてればこそなんだよ。
それなのに、この国の大臣は命より催しが盛り上がるかどうかが気にかかるらしい。
いくら何でもひどすぎる。
本意がどうとか言い訳できるレベルの失言ではない。
首相がこれでも更迭しない、できないのであれば、政府自体がこの発言を認めることになる。
隣国が天皇陛下への謝罪を要求した議員を擁護しているのとまったく変わらないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言2

池江選手に対する様々な応援メッセージが寄せられていますが、一番納得できる、共感できるのはJ2新潟の早川選手のコメントだと思います。

「まずは池江選手の病状がはっきりしていない現段階では、軽率な発言や臆測で判断し、メディアを通してお話するべきではないと思い、クラブを通じてコメントさせていただきます」

「正直に自分としてはショックを受けていますし、他人事ではなく、自分のことのように感じています。池江選手の気持ちを考えると、言い表す言葉が見当たりません。これからどういう治療、どういう経過をたどっていくのは分からないですが、競泳選手としての池江さんというより、1人の人間として病気に立ち向かってほしいです」

「選手として活躍されていて、周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは1人の人間として元気になってくれることを僕は願っています。決して明るく前向きなことばかりではないと思います。池江選手には、周りの信頼できる人たちといろいろな思いを共有して、決して1人で背負い込まず、じっくりと強い気持ちをもって病と闘って欲しいです」

「僕自身、いろいろな人から温かい思いをいただいたことが、間違いなく大きな力になっています。しかし、それを背負い過ぎることなく、また期待を意識しすぎずに自分のことを第一に思って進んでほしいと思います」

「だからこそ、白血病を経験した僕から周りの方々にお願いがあります。池江選手に温かい優しさをたくさん与えて欲しいと思います。そういう思いが必ず池江選手の力になると思っています。それは、僕自身も感じてきたことでもあるからです。ぜひ、人の思いやり、温かみという部分で池江選手に寄り添い、温かい思いをみんなで届けていけたらと思います」

「僕自身が力になれることがあれば協力させてもらいたいです。お互いアスリートであり、ともに頑張っていきたいとも思います。そして、池江選手ペースで一歩ずつ、じっくりと前に向かって進んでいって欲しいと願うばかりです」

「今、SNSで『早川選手が2、3年で復帰したから大丈夫』という話を目にしますが、それぞれの病気ですし、病気によってそれぞれの段階があると思います。誰かと比較せずに池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしいのは一番の願いです」

「池江選手に対するリスペクトと思いやりをもって、彼女の戦いに大きな優しさと温かさをもって寄り添って欲しいです」

特に最後の2段落・・・・。
思わず涙があふれました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000196-sph-socc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言

昨日報道された競泳の池江璃花子選手の白血病の件。
マスコミがこぞって報道するのはわかるけど、とりあえずはソッとしておいてあげましょう。
病状がどうとか、復帰がどうとか、そんなことはある意味なるようにしかならないんだから。
本当に心配し、応援するのであれば、心の中で回復を祈るだけにしましょうよ。
何せ一番辛く苦しく、戸惑っているのは本人なんですから・・・・。
だからこそ、本人が本人の言葉で表明されたんでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

千葉女児虐待死・・・・

女児の両親、学校、教育委員会、そして児相、それぞれ単独で見れば、人ひとりの命を奪った責任は果てしなく重い。
けれども、マスコミや評論家と言われる人たちに考えてもらいたいのは、上記に加えて警察も含めて本当に密に連携が取れるようなシステムになっているのかどうか。
現場にいる人間からすれば、そこが不十分に思えてならないのです。
お互いが頼れない。
相談しても差し戻される。
責任を押しつけられると言うと言い過ぎの部分もあるかも知れないけれど、どこもがうちが引き受けるという覚悟が足りない気がするのです。
そしてその覚悟を裏打ちする法的根拠も曖昧。
特に今回の場合、それが家庭内と言えども明らかな暴力事件。
学校や児相は警察に相談したのか、したのだとすればなぜ警察が動けなかったのか・・・・。
ストーカー事件やあおり運転でもそうですが、警察は何かしら事件が起こらないと動けないことが多い。
けれども犯罪そのものが時代とともに変わってきていることに対応し切れていないのではないかなあ。
犯罪の多様性、悪質性に明らかに法整備が追いついていない。
何よりも学校、児相は明らかに人が足りていない。
もちろんその労力に見合った報酬にもなっていない。
そういった根本的な部分を抜きにして、事件が起こるたびに責任の所在を追及したところではたして意味があるのだろうか。
さらにさらに、もともと学校、児相、医療、福祉の現場って事件が起こらないのが当たり前だと思われている。
実際そのとおりで、そのために必死になっている教員、職員も多い。
そういった部分については当然のことながら報道すらされない。
就学前教育、義務教育、高等学校や大学教育、医療、福祉・・・・の根本的な問題に本気で切り込まないと結局のところ何も変わらない気がするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

本田美奈子.さん

テレビ、見てました。
本田美奈子.さんのお話は何度も見たけど、やっぱり見てしまう。
「急性骨髄性白血病」で38歳という若さで亡くなられて13年。
これまでテレビで放送されなかった内容も・・・・。
その中で特に印象に残ったのは、「wish」という曲。
美奈子さんが闘病中、曲だけが贈られ、治ったら美奈子さんが歌詞を付けて歌って欲しいという願いが込められたとのこと。
最終的に美奈子さん自身が詞を書くことはできませんでしたが、彼女が闘病中に書いていたたくさんのメモを元に詞が付けられたとのことです。

歌詞はこちら。
http://j-lyric.net/artist/a04c8cc/l009442.html

実際の曲はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=mgCKsnKmAeI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

24回目の朝

あの日から24回目の5:46。
1分間の黙祷とともに、さまざまな被災者の方たちの24年を、ほんの一部だけどテレビで見ながらあの日に思いをはせる。
6,000人以上の方々が亡くなった大きな地震があった。
とひとくくりにするのではなく、それぞれに生活があり、夢があり、希望があった方々の命を奪った6,000回以上の地震があったと考えるべきだと誰かが言ってました。
本当にそのとおりだと今朝、改めて感じています。
人は忘れる。
忘れることで新たな生活や生き方を模索できることもあるでしょう。
けれども、けっして忘れてはいけないこともある。
それは阪神淡路大震災だけでは、もちろんありません。
その後に起こった大きな災害で、同じように生活を夢を希望を奪われた多くの方たちがいたことを忘れないためにも、節目節目で思いを新たにする必要があると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

NGT48の件

これ、最初に報道を聞いたとき「なぜ自宅がわかったのか?」が疑問だった。
で、あとから出てきた情報で、どうやら同じNGTの仲間が漏らした、焚きつけたような・・・・。
だとしたら、じゃまに思える仲間を陥れるためってこういう芸能界特有のドロドロしたもの(ほとんどは嫉妬だろう)が原因なのか。
まずは山口さんの個人情報がどうして漏れたのか、そこだろう。
グループのメンバーは関わっていないと聞いているという事務所の弁明。
これって弁明になってないよね。
ちゃんと調べてないだろうし、軽~く聞いただけで誰が関与してると認める?
事務所が本気で調べないとダメだよ。
で、山口さんが言うことが正しいのなら関わったメンバーは解雇だけではなく事件として逮捕されても不思議じゃないと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

お金とネットとスポーツと人の価値観

年末には児童養護施設への「伊達直人」を名乗る人の寄付やプレゼントが。
年始には豊洲初競りでのマグロが3億3千万円、そして「拡張型心筋症」の翔平ちゃんをMLBの大谷翔平選手が見舞い、渡米費用・手術費用3億5千万円を寄付で集めていて、あと1億2千万円ほど足りないと。
また、ネットの漫画で捨て猫を見捨てるか助けるかで、1匹ぐらい助けたところでどうなるという考え方もある中、目の前のひとつの命を救うという判断するのを見た。
さらに今日、ZOZOTOWNの社長が100万円を100人(つまり1億円)にポケットマネーでお年玉をという記事。
ネットが発達してなかったら、こうもバラバラな記事を短期間で目にすることはなかっただろうな。
ぶっちゃけ、自分にとって直接関係ないとも思えるこれらの出来事。
お金の使い方(というか回し方)やそれぞれの人の価値観が見える気がして・・・・。
誰が、どれが正しいかではなくて、自分はどういう立ち位置を取るのか。
制度的なこと(ズッと言ってるけど寄付も減税対象にぜひともして欲しい)もあるけど、自分の価値観をしっかり持つことが大事で、それがないとたくさんのネットに流れる情報に振り回されてしまうなあと。
最後に、箱根駅伝や高校サッカー、高校ラグビー。
選手の負担とか、将来性とかいろいろ批判的なこともあるけど、この一瞬にすべてを賭けようとした選手たち、それを支えた多くの人たちに何よりもねぎらいの言葉を優先すべきだと思う。
勝っても負けても、あのとき精いっぱいがんばった自分を振り返ることができる。
選手にとっては、そういった経験が大きな財産になると思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

何かに必死になること!

毎年、年末年始の高校生・大学生の競技スポーツについて、様々な意見が寄せられる。
サッカー、ラグビーの高校全国大会、そして箱根駅伝・・・・。
テレビという媒体を通して、試合そのもの、そして結果のみを見ていると気がつかない多くのことが、これまたテレビ等の媒体を通して知ることができる。
選手たち自身やその活動を支える家族、チームの監督、コーチとの逸話、そしてそれぞれの大会を運営する人たちの当日までの活動、その年たった一度の大会に賭ける多くの人たちの思い。
わたしには、そういった一人ひとりの人たちが「輝いて見える」!
昨年は様々なスポーツでパワハラや不適切な指導、運営について一気に吹き出した感があるが、それでもやっぱり「何かに必死になること」って素晴らしいことだと思う。
「なぜそこまで?」
と思えることもあるだろう。
でも、それもこれもその選手、その家族、裏方の人たちが選んだ一人ひとりの選択。
それにまったく関わりのない者が、もっといえば「何かに必死になったことがない」者があれやこれやと負の方向での批判をするのはどうかなと思う。
わたしからすれば、そういった批判をする人自身が批判されていることはわかっていると思う。
それでも、それを自分の意見として発信しているのであれば、批判している先の人たち一人ひとりも自分の信じた道を進んでいるってことは同じでしょ?って。
一人ひとりがそれぞれに信じた道を突き進んでいるのだから、見守ることはあっても決して批判すべきではないんじゃないかな。
もちろん当たり前に考えて、言って(やって)いいこと悪いことはある。
今の時代、その当たり前の基準があいまいになっていることが一番の問題だよねって。
そこんところ、しっかり持って今年もがんばっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

お遣い

母に頼まれて、地元のJAにお金をおろしに行きました。
金額は3諭吉。
すると・・・・出てきたのは「新札」!
年末ということで、お年玉用途が多いとの配慮なのかな。
これって当たり前に行われてるんでしょうか。
だとすれば、何かあったかさを感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧